返回列表 回復 發帖

ハミルトン 時計

 そのために、僕は常に正しくありたかった。弱きを助け、悪しきを挫く――あいつらが、僕を助けてよかったと思えるような人間になりたかった。そう思えるようなことを成したかった。腕時計 メンズ
 リュートはそんな俺を暖めるように、俺に寄り添った。 でも、いいんだ。もう。 少なくとも、仇は取った。もう、あいつらを理不尽に傷つける存在は、もういない。 あとは、あいつらが少しでも幸せになってくれればいい。 そのためなら、俺はこの手を血に染めても、一生この深い氷のような冷たい世界にいても構わない。 自分が正しいのか、自分がこの先、どう生きればいいのか、分からないけれど…… ただ、まだ志は捨てない。 あいつらに、胸を張れるような人間になれるその日まで。http://www.watchsalesja.asia あいつらが、僕を誇りに思うような人間に、なれているだろうか……「リュート。お前はどうして僕にずっとついてきたんだ?」IWC腕時計 誰に言うでもなく、僕はそう呟いた。「お前も、僕を信じてくれたのか? 今のお前には、僕はどう映るんだろう」腕時計 メンズ
 金もいらない。力もいらない。だがせめて、大切な人の思いに報いられる人間になりたい…… それなのに、今の僕はこの様だ。みんなもう、それぞれの場所で頑張っているっていうのに、僕一人だけ、7年前から一歩も前に進んじゃいない。ハミルトン 時計
「――情けねえ」 ビールを飲みながら、俺の体は震えた。 相変わらず、下戸に近いくらい弱いのに、酒に頼って、嫌なことを忘れようとしている自分に。女に都合よく、自分を慰めてもらおうと、一瞬でも考えてしまった自分に、酷く腹が立った。ハミルトン 時計
 だから――僕はせめて、あいつらが僕を信じてくれたことに報いることのできる人間になりたかった。それは復讐と同じくらい――いや、それよりももっと僕にとって、大事なことだった。時計 人気
 そして、今日、僕の故郷の人間は、僕を『正義の味方』と言ってくれた。 だが――今の僕は、あいつらが信じるに足る人間になれているだろうか。オメガ腕時計
「……」 親友は、僕を信じると言ってくれた。 愛する人も、僕を守ってくれた。 こいつらがいなかったら、僕の人生も、もう終わっていた。こいつらが僕を信じてくれたからこそ、今の僕はこうして今も生きている。高級腕時計
 できることは、こうして酒をあおって、一気に眠ってしまうことだけ―― こうでもしないと、いつも夢を見るんだ。7年前、自分の世界で一番愛した女(ひと)を殴ってしまった時の夢を……オメガ腕時計
関連記事:

  
   シャネル 時計
  
   エンポリオアルマーニ 時計
  
   [url=http://www.bit86.cn/home.php?mod=space&uid=50066][/url]
返回列表