返回列表 回復 發帖

orobiancoshop.asia-オロビアンコ セール17014634

第二十六話・「お父さん」
 明け方の空を、冷たい風が流れていく。 人々がベッドの中の温もりにすがっていたいと思う時間帯、スーツ姿の少年が駅のホームに立っている。オロビアンコ キーケース
 銀色の髪が風を浴びれば、ビルを抜ける太陽光と戯れる。 透き通る髪の一本一本が芸術の域にまで昇華されていた。
「なんて空虚な町なんだろう……」 少年の顔が明け方の町に美しく映える。「お父さんがいない世界で起動しても、意味がないよ」オロビアンコとは
 ビルの谷間をカラスの群れが抜けていく。捨てられた新聞紙が、遠く路地裏を転がっていった。 少年は両足に力を込めると、ホームから線路へと降りて、悠々と線路の上を歩き出す。
 ――少年の開発途上。 視界がまだないころの記録。 ナナが猫のように父の足下まとわりつく音を、少年はベッドに横たわった状態で聞いていた。 父は優しそうな声で少年とナナに語りかけながら、コンソールに何かを打ち込んでいく。 ――ほら、ナナもうすぐだよ。もうすぐ兄妹ができるからね。名前はハチ。八番目だからハチ。我ながら単純かな。 何億回と打ち込まれた情報の音が、少年のハードディスクに刻まれ続ける。 ――……にゃ? ナナは七番目だから、ナナ? ――そうだよ、よく分かったね。 喜ぶナナの声がする。 ――それよりそれより、きょーだいって、ナナより強いの?http://www.orobiancoshop.asia じゃり、じゃり、じゃり。 線路に敷き詰められた小石を足の裏に感じながら、ポケットに手を突っ込んで歩いていく。オロビアンコ セール 黒いスーツのジャケットにはほこり一つない。中に着た白のワイシャツが、目覚めた朝日を浴びて白銀に輝く。着崩した着衣はホストと見紛うばかりだが、少年の面輪ははとても幼い。さらさらの銀髪を揺らしながら、何度となくため息をつく。オロビアンコ 名古屋「お父さんが世界を滅ぼしたのも分かる気がする。起動してからずっと世界を観察してみたけれど、あのときとちっとも変わっていない。ゆっくりと昔見た風景に近づいていくだけ。同じ結末に向かって進んでいくだけ」オロビアンコ セール 欄干を軽く飛び越えると、道路の真ん中に着地する。「今はまだいいけど、行き着くところは同じ。人を憎んで、殺し合って、戦争して……お父さんが作った《彼岸》はそれほどのものだとしても、人を殺す理由にはならないのに」 数少ない昔の記憶を呼び起こす。 ハードディスクに記憶された記録を呼び出せば、少年を作り出した父の声音が鮮明に再生される。
Related articles:

  
   http://dztest.yizin.com/forum.php?mod=viewthread&tid=2153672&extra=
  
   http://qscs.5d6d.com/
  
   http://lwywj.com/Review.asp?NewsID=99
返回列表